自然ブログ

南国からやってきたアカガシラサギ!(写真をアップしました)

昨日、下飯田遊水地にやってきたアカガシラサギの写真です。

その名のとおり、夏羽になると頭から首がワインレッドで、ローマ神話の酒神「バッカス」が学名になっているのだとか。
ワインレッドと、背中のブルーグレー、お腹の白とのコントラストが鮮やかでエキゾチックな、夏羽の姿も見てみたいものですね!

アカガシラサギは、通常、夏に中国中東部などで繁殖し、冬はさらに南の東南アジアなどへ渡って越冬しますが、日本の本州でも、兵庫県で越冬したことや、まれに渡りの途中に飛来することがあるそうです。

_91A7750 - コピー
冬羽から夏羽の移行期なのでしょうか??
頭から首は冬羽の黒褐色の羽毛が残っていて、背中は冬の羽毛から夏羽の青味のある羽根に変わっているのような・・・?

_91A7813 - コピー
飛ぶ姿も撮影できました!
白い翼のかたちが美しいですね~

_91A7814 - コピー
着地!

_91A7852 - コピー
黄色くて先端だけ黒いくちばしも観察できました。