自然ブログ

自然界 命のやり取り

今日もまた公園は雨が降っています。

なかなかお天気が良くなりませんね。

パトロール中に「どうにか晴れないものか」思いと空を見上げると、

カモの仲間が公園上空を通過して行き、その後ろをさらに猛スピードで追いかける物体を発見しました。

50m程あった距離を一気に詰め、カモを地面にはたき落としたのを見かけ慌てて現場に急行したところ、

オオタカの幼鳥が捕えたカモ抑え、周囲を警戒している姿を観察できました。

周りにはカラスが15羽ほど集まりオオタカをけん制していました。

その後、少しすると自分と同じ大きさのカモをしっかりつかみ周りの雑木林へ飛んで行きました。

公園の中でも、サギが魚をとらえたり、モズが昆虫をとらえたりする光景をしばしば目にしますが、猛禽類の狩りは初めて観察しました。

どちらも懸命に生きるための攻防を垣間見、自然界の厳しさを改めて感じました。

131104sakaigawa03 (2)

●周囲を警戒するオオタカ

131104sakaigawa03 (3)

●獲物を持って周囲の雑木林へ飛び去って行く

131104sakaigawa03

●オオタカにむしられた羽