自然ブログ

境川遊水地公園 冬鳥情報 その10

最近雨の日が多くなってきました。今日は雪の予報でしたが、境川遊水地公園は雨が降っています。
公園では先月の大雪の後も、野鳥がビオトープ等を利用しており、観察することができます。

大雪後、ビオトープの様子を確認するため外に出たところ、「オオジュリン」が観察できましたので紹介します。

●オオジュリン(大寿林)
主に平地のヨシ原、湿原、草原などの環境で見かける野鳥です。
境川遊水地公園では冬の寒い時期にビオトープ内のヨシ原で観察できます。
数羽の小さな群れで行動し、ヨシをクチバシでほじくって中のエサを食べている姿をよく見かけます。
姿が見えなくても、静かな日にビオト-プの中から「バリッ!バリッ!」とヨシをほじる音を聞くと、「今年もオオジュリンが来た♪」という合図になってます。冬の醍醐味です♪

今年は、シジュウカラも混ざってヨシをほじっているためか、いつもより賑やかになってます!野鳥観察の際は、是非目だけではなく耳でも楽しんでください!

また、2月17日に「バードウォッチング入門」イベントを実施します。
時間は10:00~12:00です。
集合場所は、境川遊水地公園 境川遊水地情報センターで「当日受付」となっています。
詳しくは、この公園HPの「イベント」情報をご覧ください!ご参加お待ちしております!